Đakovo ジャコヴォ - an infinity
Powered by SmugMug Log In

2歳で亡くなった子供の苔の生えた墓碑。戦後すぐにでも建てられたのだろうか、「父ダビド、母マザルタ、息子(兄弟)モシェ・・・」。

右隣の鉄板に誰の名が書かれていたのか、亡くなったのは誰の子でいくつだったのか今はもう知ることができない。もうこの子を訪ねて来る家族はどこにもいないのだろうか。同じように亡くなった隣りの子供には家族が建てた立派な墓石があるのにね。

共同墓碑のようなもの、慰霊碑のようなものは建てられないのだろうか。そんなものでも残った家族には慰めになるかもしれないし、亡くなった子供たちも彷徨わずにすむかもしれない。

0424